スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-)| --/--/--(--) --:--:--
次男Yの日記

次男Yの宿題に「日記」というのが毎週末ある、たまにチェックするのだけれど

悲惨な状態。

ある日の日曜のこと、めずらしくこの日は私が仕事で外出した。

その日の日記は「きょう、おかあさんがしごとにいった。おとうさんはねていた。たのしかった。」

以上。

何が楽しかったんだ!!( ̄□ ̄;)。しかもどんな家族なんだと疑われそう・・・。

でも、さすが先生ちゃんとコメントを入れてくれていた。

だいたいこんな感じの文章ばかり。必ず最後は「たのしかった」と締めくくられている・・・。



カタカナで「キャッチボール」と書きたかった次男Y、見ると「キャツボール」。

「キャツボール?ツは小さくしてチを入れないと。」と指摘すると「いいの!」と言い返された。

なんだか「ムッ」。「Yがいいならいいけど、笑われるのに~」と言い返したら、こそこそ直していた。

頑固者!!

カタカナをド忘れすることが多く、「え ってどう書くの?」と聞かれ、父さんは「大工の工みたい

なの」といい私は「工作の工」といって表現した。考えてみるとこの漢字すらまだ一年生では

習っていない。

仕方なく「エンペルト(ポケモン)のエ」と試しにいってみた。

「あーそれね(^^)」と・・・どうやらわかったらしい。その後もわからないカタカナをポケモンの

名前で言うと思い出していた。けど、ポケモンの名前を「ポケモン図鑑」から探しだすこちらの

苦労もわかってもらいたい・・・。隣でまったく質問と違うポケモンの名前を言う長男Tにも「ムッ」。

スポンサーサイト
未分類 |コメント:0 |トラックバック:0 | 2008/12/09(火) 00:04:16
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nao40.blog33.fc2.com/tb.php/69-ad7e67d8
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。