スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-)| --/--/--(--) --:--:--
迷子になった次男Y

スーパーへ夕食の買出しに出かけた。

しばらくグルグルまわって、さあレジに行きましょうと言うときになって

普段単独行動をあまりしない次男Yが見当たらない( ̄□ ̄;)。

探しましょうと思った時、遠くで「おかーさーん」と子供の声が。

しかし、スーパーには子供は多くて「うちの子?」と考えていると、突然

私の隣にいた長男Tが走り出した。姿が見えなくなったかと思うと遠くから

次男Yの首根っこをもって戻ってきた。

(たぶん長男Tは肩を組んでいるつもりだろうけど(^_^;))

次男Yは涙目で「抱っこ~」(;_;)。長男Tは大変自慢顔をしていた(^_^)Y。

まるで犬みたいと思いながら「さすが兄ちゃん!」とほめてあげた。

いつもは「兄ちゃん」と呼びながらも「兄ちゃん」扱いしていない次男Yも今日は

兄ちゃんに感謝したことだろう。

スポンサーサイト
未分類 |コメント:0 |トラックバック:0 | 2006/07/11(火) 21:31:22
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nao40.blog33.fc2.com/tb.php/217-4abbe71d
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。