スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-)| --/--/--(--) --:--:--
宿題・・・

前回に続きまた宿題のお話。

今日も「宿題」を先延ばしにしようと、なんだかんだと言い訳をして

いる長男T。

今日はばあちゃんも居たので本読みは、ばあちゃん担当になった。

5回読むことに決めている内の2回まではなんとか自力で読んだが、3回目

からは眠くて眠くて。ばあちゃんが読むあとに続いて読むようになった。

なんだか御経のよう・・・(・_・;)。

次第に眠気が増し、ばあちゃんが「サラダにハムを~」と読んでいると

長男Tは「%#&*@£¢§$・・・。」

ばあちゃんが「どこ読んでるの?」と聞くと、長男T「どこ読んでるの?」

そのまま返ってきた・・・・・。何も考えていないようだ・・・(T_T)。

そこで、「じゃあゲームする?」と聞いてみた。

一瞬動きが止まり、「うん!」と目が大きく開き顔を上げた・・・。

素晴らしい笑顔にムカ( ̄~ ̄;)。

「宿題終わったらね。」と言うとまた眠気が戻って来た( ̄□ ̄;)。

そんな長男Tの眠気バトルの最中なぜか次男Yは長男Tの使わなくなった

国語の本を出して自信満々に読み始めた。

でも、よく見ると本は逆さま。おまけに内容は次男Y独自の作文だった。

どこからその自身満々な態度がでてくるのだろう・・・(;_;)。

それから、長男Tはいつになったらスムーズに宿題を済ませてくれるの

だろう・・・。

スポンサーサイト
未分類 |コメント:0 |トラックバック:0 | 2006/09/26(火) 22:47:30
激怒

今日は久々に激怒した。日ごろよく怒るけれど今日は大爆発!。

長男Tがなかなか宿題をしないから。それも毎日グズグズ言いながら

ダラダラ引き延ばすことに頭にきた。ゲームしている時は元気モリモリ

なのに、「宿題」と言うと「眠い」と言い出す( ̄~ ̄;)。

いざはじめても、いやいややっているから間違いだらけ。

ドッカーンと怒鳴ったあと、ゲーム機&ソフト類をゲーム専用テレビから

引き抜き袋に詰めて片付けた。

その近くにいた次男Y「母さん片付けないで!」と言うかと思ったが、何も言わず見て

いた。とばっちりを避けたのかも。

こそっと、泣いている長男Tのところにいき小さい声で「兄ちゃんこれとこれ

やったらいいんよ。」とアドバイスしたり、「母さん、兄ちゃん出来たって。」と

報告に来たりしていた。いつもはあんなに仲が悪いのに。ゲームのため・・・?

長男Tの目も覚め宿題が仕上がった時、静かにしていた次男Yを見ると

待ちきれずぐっすり寝ていた。夕食もまだだったなのに・・・(;_;)。

未分類 |コメント:0 |トラックバック:0 | 2006/09/13(水) 02:39:05
長男Tの初恋

長男Tは幼稚園のころから近所のNちゃんが大好き。

抱きついたり、ベタベタとうんざりされそうなくらいだった。

でも、最近長男Tの様子が変わってきた。一緒に学校

行っているのに後ろを歩いたり、話しかけようともしない。

おかしい・・・。

そこで、長男Tに「ねー、今Tは誰が好き?」とストレートに

聞いてみた。

なかなか白状しない( ̄^ ̄;)。

「誰にも言わないから~」といったら耳元で、「Nちゃん・・・。」

と白状した。

どうも長男Tは「恥ずかしい」という感情が芽生えたらしく、話し

かけることもなかなか出来ないらしい。

抱きつくなんてもっての外のよう(^0^)。目も合わせられない。

なんだかおもしろくなって、「ねーねーだったら、Tのこと好きって

言ってくれる女の子いるかな~?言われたことない?」とありえない

ことを聞いてみた(^_^)。

すると長男Tは、「あるわけないよ!」と。

やっぱりね(^_^;)、と思いつつ「なんで?」と聞いてみた。

回答は「だってーぼくは、へんてこ様だから・・・。」と恥ずかしそうに言った。

自覚あるんだ、と感心した。

でも、「へんてこ様」て・・・(・_・;)。

未分類 |コメント:0 |トラックバック:0 | 2006/09/11(月) 22:45:20
夏の思い出

ついに夏休みが終わった(^_^)。

思い返せば、この夏は大変暑く、体調もいまいちで、いい思い出は

あまりなかった。子供たちはゲーム三昧で本人達は楽しかったよう。

ソフトも何かにつけ買ってもらい大満足。(もちろん私が買ったので

はなく、じいちゃんや兄に。)このゲームが意外と大人も楽しめる。

「母さんやろうよ。」と対決を挑んで来るので、仕方なく「1回だけよ。」

といやいややり始める。

しかし1回戦で負けるとなんだか気分が悪い。親の威厳が・・・?。

大人気ないと思いつつ「仕方ないね、もう一回だけならやってあげるよ」

とリベンジを自ら申し込んでしまう。毎日ゲームをしている二人は慣れた

もの。特に長男Tは驚くほどうまい。

ついついむきになってしまう。でも外で「母さんゲーム好きなんだよ。」

なんて言いかねないのでグッと我慢して2回戦ぐらいまででやめることに。

二人には言えないけれど、子供が夢中になる気持ちがよく分かる。

未分類 |コメント:0 |トラックバック:0 | 2006/09/04(月) 20:24:53
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。